\泥汚れの擦り洗いにサヨナラ/泥スッキリ アクティブホワイト レビュー 汚れ別洗剤の選び方を解説

オススメ
記事内に広告が含まれています。

今回は、  泥スッキリ アクティブホワイト のレビューです。

購入した結果、

買ってよかった!

です。

 お湯で浸け置きするだけで、何をしても落ちない泥汚れがスッキリキレイになりました。

この記事で、開封時や使用感のレビューをまとめたので、ぜひ最後までご覧ください。

時間が無い方にオススメです。

スポンサーリンク

汚れ別洗剤の選び方

今までは、すべての汚れは酸素系漂白剤で落ちると思ってしました。

子どもが保育園で派手に泥遊びをしてくるようになり、いつも通り漂白剤でつけ置きすると、

泥、全然落ちない…

調べてみると、汚れの種類によって洗剤を使い分けることがわかりました。

ここでは、汚れの種類ごとに適した洗剤の選び方を簡単に説明します。

洗剤は汚れ別で決める!

皮脂汚れ(汗や皮脂)

  • 液体洗剤:水に溶けやすく、冷水でも効果を発揮。
  • ジェルボール洗剤:使いやすく、皮脂汚れに効果的。

食べ物や飲み物のシミ(ソース、コーヒー、ワインなど)

  • 酵素入り液体洗剤:酵素がシミを分解し、効果的に落とす。

泥汚れ(土や泥)

  • 粉末洗剤:泥汚れに強く、温水で使用するとさらに効果的。
  • 酵素入り洗剤:泥汚れに対しても効果的。

タンパク質汚れ(血液、卵など)

  • 酵素入り洗剤:タンパク質を分解する酵素が含まれており、効果的に汚れを落とす。

油汚れ(調理中に付いた油やグリース)

  • 油専用の洗剤:油汚れに特化した成分が含まれている。
  • 強力な液体洗剤:油汚れに効果的。

洗剤選びのポイントは?

洗剤選びまとめ
  • 酵素入り洗剤は、タンパク質汚れや泥汚れに特に効果的。
  • 粉末洗剤は、泥汚れや頑固な汚れに強い。
  • 液体洗剤は、日常的な皮脂汚れや軽いシミに適している。
  • 漂白剤(酸素系漂白剤)は、しつこいシミや黄ばみに対して使用できるが、色物には注意が必要。

汚れの種類に合わせて適切な洗剤を選ぶことで、洗濯物をきれいに保つことができます。

汚れにも種類があるんですね。

アクティブホワイトについて

  • ただでさえ忙しい家事時間を短縮!こすり洗いなし!超時短でラクラク
  • 週2回洗濯してもなんと1か月約66円のコストパフォーマンス!
  • 繊維の奥のガンコな汚れまでスッキリ落とします
  • 泥汚れ、汗、血液の汚れに効果が高い
  • 数か月使い続けると、衣類の黄ばみ、黒ずみ、くすみに違いがでる
  • 汚れだけでなく、イヤなニオイもスッキリ解決します
アクティブホワイト - 【泥スッキリ本舗公式】洗濯らくらくショップ
Read more...
使用方法
  1. 衣類に付いた泥を手で払い落とす、または軽く水洗いをする。
  2. バケツにお湯10L(約40℃)を入れ、洗剤ひと振り(約3g)をよく溶かす。
  3. バケツに衣類を入れて、衣類全体に洗剤液が行きわたるようにもみ込む。
  4. 30分~1時間つけ置きする。
  5. 軽くすすぎ、仕上げに普段使いの洗剤でそのまま洗濯機にかける。

アクティブホワイト レビュー

パッケージ。

アクティブホワイト

上には「お客様の声」。

アクティブホワイト

側面には写真付きで商品詳細と使用方法。

アクティブホワイト

反対側に使用上の注意。

アクティブホワイト

後ろの面にはイラスト付きで使用方法と洗濯のコツが書いてありました。

箱がまるで取扱説明書!

アクティブホワイト

開封すると、

素敵なメッセージが…!

アクティブホワイト

更に、写真付きでセットで着いてくる容器の使い方が載っていました。

パッケージの有効活用に感心しました!

アクティブホワイト

セット内容。

洗剤、詰め替えボトル、説明書、あとはキャンペーンでネットが入っていました。

アクティブホワイト

洗剤は600gと大容量!

アクティブホワイト

それにしても、専用ボトルはどこかで見たような…

セリアで見つけたコレかな??

こちらは5gですが、似ていますね。

アクティブホワイト

早速洗剤を専用ボトルに詰め替えました。

付属していた3g計量できる専用ボトル。

アクティブホワイト

スプーンなどで計る必要がなく、ひとふりするだけなので便利です。

ボトルを倒してしまっても、ドバッと出ないところも助かります。

アクティブホワイト

少し足したいときは反対側で振りかけても調整できます。

アクティブホワイト

アクティブホワイトの使い方の説明書。

箱にも書いてあるのですが、こちらの用紙もとても分かりやすくてありがたいです。

アクティブホワイト

裏にはお洗濯のコツまで。

アクティブホワイト

たっぷりあるので長く使えそうです!

アクティブホワイトをつかってみた

早速、泥で汚してきたので、アクティブホワイトを使ってみました。

それにしても、このくっきり手形は落ちないと恥ずかしい…

before

正面には、立派な手形。

アクティブホワイト

裏にも裾部分に泥が着いています。

アクティブホワイト
アクティブホワイト

After

流石に真っ白にはなりませんでしたが、あのくっきりあった手形が消えています。

アクティブホワイト

後ろの裾の部分も薄くなり、目立たなくはなりました。

アクティブホワイト
アクティブホワイト

本当にこすり洗いなしでここまで綺麗になりました!

浸け置きしている間にお湯の温度が低くなってしまったのが反省点です。

お湯の温度が低いと汚れが浮きにくいかも…

浸け置きのお湯の温度は、少し高めがオススメです。

アクティブホワイトのオススメポイントと残念ポイント

オススメポイント
  • つけ置きするだけで擦り洗いしなくても泥汚れが落ちる!
  • 普通の洗剤と比べると値段がお高めだが、大容量(200回分)で長く使える。
  • 丁寧な説明書と容器がセットで使いやすい。
残念ポイント
  • つけ置きの温度が重要。
  • 新品みたいに真っ白にはならなかった。

慣れればもっとしっかり落とせるかも!?

いかがでしたか?

このレビューが少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました